新卒でも独立行政法人で薬剤師として活躍できる?

独立行政法人薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 新卒でも独立行政法人で薬剤師として活躍できる?

新卒でも独立行政法人で薬剤師として活躍できる?

新卒で薬剤師としてこれから働くに当たり、その中でも最近注目されているのが独立行政法人の薬剤師です。特に国立病院機構は、厚生労働省管轄の独立行政法人ですので、薬剤師募集は国家公務員の基準に沿って行われます。

製薬会社同様、新薬の開発やガンといった難病の治療方法を模索していき、研究をしたり、新薬を実際に試す臨床試験をする機構になりますが、民間企業と違って独立行政法人は営利目的で運営されていないという事で、給料面も公務員と同等くらいで製薬会社と比べると案外高くなく、高額な給料を望むのであれば独立行政法人ではなく違う分野に進むべきです。

独立行政法人が注目される理由としては、新卒薬剤師にとっては細かく診療科目や病理が分類されていて専門的な研究業務が行える事により、それに専念する事ができるのでより高度な知識を習得可能です。ボーナスにも過度な期待もできず、頑張った分だけの見返りを全て求めるとなると製薬会社の方が期待できますが、独立行政法人の方が深いやりがいを感じる事が出来るため、研究業務に専念して活躍する新卒の方は多数います。

仕事内容重視で、研究業務に従事していき、高い知識と実績を積んでから製薬会社に転職をする手もあります。やはり独立行政法人は特別な機構なので、そこで培った経験は高く評価されるので、そうなるとかなりの高収入でキャリアアップ転職を実現する事が可能になります。

そんな人気な独立行政法人の薬剤師ですが、なかなか特殊な機構のために新卒採用は毎年定期的にしているところばかりではないので、欠員が出てから募集をする機構もあります。毎年採用募集をしている傾向のある機構を探すか、求人募集がかかるタイミングに合わせてないと、なかなか思うように面接まで漕ぎ着く事ができません。事前に募集についての詳しい情報収集が大事になります。

国立病院機構の薬剤師採用に関しては、薬剤師免許以外にも年齢による条件などがありますので、新卒の方が有利になってきます。そして書類審査に面接と小論文とあるので、国家試験を受けるのと同等になってきます。まとめれば、新卒でも独立行政法人で活躍することができるのですが、一般的な病院やドラッグストアの薬剤師募集に比べれば毎年必ず募集をしている所ばかりではないので、就職支援サービスなどを有効に利用して、その中でタイミングよく独立行政法人の薬剤師募集を見つける事にもかかってきます。


Copyright (C) 2014-2017 独立行政法人の薬剤師募集サイト【※レア求人を見つける方法】 All Rights Reserved.