薬剤師が独立行政法人で働くことのメリット・デメリットを考える

独立行政法人薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> メリット・デメリットを考える

薬剤師が独立行政法人で働くことのメリット・デメリット

独立行政法人で働く薬剤師は一般的な薬剤師に比べるとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まずメリットとして国立病院機構の場合の薬剤師のお仕事は、各地域ごとでローテーションで病院を経験できるので、様々な病院の勤務の経験ができます。そして病院業務に力を入れる事ができるので、やりがいを感じながら仕事ができます。実際に、そのメリットを魅力に感じて多くの薬剤師が国立病院機構を就職先に選んでいます。

やはり、独立行政法人の病院は大きな病院群ネットワークであるので、国全体の医療の質を向上することに携われる、社会的に大きな意味の持つ働きができる場で、現在までの日本の国民医療の向上に多いに役立っています。今は大学の医局制度が崩壊しつつありますが、より整った研修が受けられる環境であり、薬剤師としてのキャリアアップが目指せる環境が確保されているのは、独立行政法人である国立病院です。

反面デメリットとなってしまう事柄は関東区域、九州区域など、各ブロック毎におよそ3〜5年の任期で配属先が変わるため、転勤はどうしても免れません。ただし、ブロックで区切られていることから、ある程度決められた範囲内の転勤になるのですが、家族がいる方でも遠距離別居はしなくていいという安心ができます。ただし転勤する際に別居でなくて同居で家族も一緒に引っ越す場合は家族に負担がかかりますし、子供さんがいる家庭は特に学校の区域は変わってしまうので、その際に転校を経験させなければいけないので、正直しんどい思いをさせてしまう可能性はあります。やはりそういうデメリットは生じてしまいますから家族を持った方は転勤に関する事は、いくらブロックの範囲内の転勤といえどキチンと話し合わないと後々から大変な目にあいます。

また、女性薬剤師であれば、産休、育休などといった休暇はとりやすいのですが、退職という形を取ってしまうと、復職は非常に難しくなってしまいます。国立病院機構などは特に欠員が出た時に限り採用募集という傾向があるので簡単に応募自体ができないのが難点です。その上雇用形態は正社員のみで、非常勤職員も雇っていなくて当然パート勤めなどもできないので、家庭を持つ女性にとっては正社員でフルタイムで働かなければいけなくなると子供がいる方にとっては都合がつきにくい職場になってしまいます。

やりがいがあり、給与面も恵まれている独立行政法人の薬剤師ですが、やはりデメリットもあるのでそこを理解した上で自分にあった選択をするのがベストです。


Copyright (C) 2014-2017 独立行政法人の薬剤師募集サイト【※レア求人を見つける方法】 All Rights Reserved.