独立行政法人で働く薬剤師の給料事情

独立行政法人薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 独立行政法人で働く薬剤師の給料事情

独立行政法人で働く薬剤師の給料事情

独立行政法人で働く薬剤師のイメージではやはり一般病院やドラッグストア勤務の薬剤師に比べると手厚い給料をもらっていそうですが、実際には平均年収が400万円から700万円という額になります。一般的な薬剤師の方で400万円から600万円なので、最高額になると差が出てきますが、基本的な給料そのものは大きな違いはありません。実際にはどのような給料事情なのでしょうか。

独立行政法人では給与形態も一般薬剤師と比べて違う理由があり、独立行政法人の職員は公務員という扱いになるからです。ですが正確には公務員と非公務員と分かれていて、特定独立行政法人の職員と特定独立行政法人以外の職員という違いになり、特定独立行政法人の職員は公務員ですが、そうでない場合は非公務員となります。ただ、特定独立行政法人以外も公的法人という扱いになるので、実際の所基本的な給料形態は同じようなものといえるかもしれません。非公務員となると、サービス残業も状況によっては絶対ないと言い難く、残業代などが必ずつくかという点などは病院によっても様々になってくるようです。その点を踏まえると公務員扱いされる特定独立行政法人の方が残業代もしっかりとつきますし、休日出勤手当も当然あるので、定められた給料形態の中で報酬をもらう事になります。非公務員の場合は公務員扱いに比べて多少の差がでてきても基本給や諸手当などに差はありません。

独立行政法人で働く薬剤師の方はどのようにして年収をあげているのかというと、一般病院などと比べて給与体系が細かく決められているので、就業規則などに年収があげる事についての細かい事項があります。その事をしっかり確認して、業務において成果をしっかりと残していく事になります。具体例として報酬をあげる方法として昇進になってきますが、新薬の研究や開発などについて他の医療機関での講演会があるのでそれに向けての業務も加わり、立場が上になっていくほど、講演会の講師を務める状況もあり、研究者としての仕事内容もこなさなければいけませんので激務にはなってきます。このように高収入なればもちろん業務内容もより専門的になり責任も増してきますが年収はより高額になります。

大変な仕事ではありますがやりがいを持って頑張り、成果を残す事ができれば報酬アップに繋がりますので、一般的な薬剤師より更にレベルの高い業務に携わるのなら独立行政法人の薬剤師に進む道があります。


Copyright (C) 2014-2017 独立行政法人の薬剤師募集サイト【※レア求人を見つける方法】 All Rights Reserved.