医薬品医療機器総合機構の薬剤師求人

独立行政法人薬剤師求人TOP >> 独立行政法人一覧 >> 医薬品医療機器総合機構の薬剤師求人

医薬品医療機器総合機構の薬剤師求人

独立行政法人医薬品医療機器総合機構は、医薬品や医療機器などの開発から使用までの全般に関わる業務を行なっています。日本国民の健康に大きな役割を果たしている大変意義深い業務だと言えます。医薬品医療機器総合機構においては、業務を遂行させるために随時、事務補助員として薬剤師の募集が行われており、このことは医薬品医療機器総合機構のホームページでも確認できます。仕事の内容は、ジェネリック医薬品や一般用医薬品、さらには医薬部外品等の審査業務が主で、他にもクライアントからの相談や規格基準作成に関係する補助業務等があります。業務内容は病院やクリニックでの調剤業務とは大きく異なり、医薬品全般を俯瞰的に見る立場だといえます。

医薬品医療機器総合機構の薬剤師求人に応募する条件はそれほど難しくなく、薬剤師の資格を持っているか、薬学系大学学部卒以上の学歴があることがまず条件になります。それに加えて、パソコンを使った作業が中心になることから、ワードやエクセルが使え、特にエクセルに関しては表計算のみならず関数計算やグラフ作成など操作に精通していることも求められています。逆に言えば、これらの条件を満たしていれば誰でも薬剤師として医薬品医療機器総合機構に転職し、公務員の立場になれるということです。求人情報は、先に説明したようにホームページにも掲載されているのですが、事務補助員とはことなる業務の薬剤師求人は、非公開になってます。

非公開の情報は、薬剤師の求人情報の掲載に特化したエージェントサイトに登録することで見つけることができます。情報を閲覧するだけではなく、エージェントのサイトから求人に応募し、さらには、エージェントの担当アドバイザーが内定までのサポートをしてくれます。自分で医薬品医療機器総合機構の薬剤師求人を探しても事務補助員の求人案件しか見つけ出すことができないかもしれませんが、エージェントに登録することで表には出ていない、もっと条件が良く、薬剤師としてのキャリアアップを図れる案件にたどり着くことができるので、おすすめです。

医薬品医療機器総合機構の薬剤師として業務を経験することで、医薬品に対する科学的な判断が身に付き、先進的な医薬品や医療機器と接する機会も格段に増えることになります。また、医薬品医療機器総合機構は、その業務内容から大学などのアカデミアや医療現場、さらには医薬品メーカーをはじめとした産業界との連携もしています。こうした環境下で業務を遂行することは、薬剤師としてのキャリアアップに大いに役立つはずです。


Copyright (C) 2014-2017 独立行政法人の薬剤師募集サイト【※レア求人を見つける方法】 All Rights Reserved.