国立がん研究センターの薬剤師求人

独立行政法人薬剤師求人TOP >> 独立行政法人一覧 >> 国立がん研究センターの薬剤師求人

国立がん研究センターの薬剤師求人

国立がん研究センターは誰もが名前を知っている有名な独立行政法人です。この国立がん研究センターにおいても薬剤師の求人は行われています。国立がん研究センターの薬剤師求人は細分化されています。築地キャンパスにおいては、非常勤と採用日から1年間という任期付きの常勤薬剤師の募集が行われています。柏キャンパスでは、任期付きの常勤薬剤師のみの募集で、中央病院・東病院からは、薬剤師のレジデント募集が行われています。このように国立がん研究センターといってもいくつかの組織があるので、同じ薬剤師としての立場であっても勤務先や業務内容、さらには採用条件なども異なってきます。

国立がん研究センターの薬剤師の求人情報について具体的に見ていくと、まずは、築地キャンパスにおける非常勤薬剤師の案件があります。薬剤師免許を持っている人(薬剤師免許取得予定者も可)であれば応募できます。過去に薬剤師の経験がなかったとしても応募できます。しかし、応募者も多いことが推察できますので、かなりの高倍率の求人案件になります。業務内容は一般病棟患者への調剤が中心です。応募条件のハードルはやや低めですが、仕事に対する熱意や誠実で責任感のある人柄、さらには周りの薬剤師をはじめとしたスタッフとコミュニケーションを取って業務を遂行していく協調性が求められていることは言うまでもありません。

築地キャンパスの任期付き常勤薬剤師は、1年という任期を区切って雇用契約を結ぶものです。薬剤師としてのキャリアアップを図るために国立がん研究センターという独立行政法人での業務経験を積みたい人にとっては良い求人案件です。通常の雇用形態では辞めづらいという面もありますが、期限が区切られているので、計画的に薬剤師のキャリアを積んでいきたい人、同じ職場に長期間勤めるが苦手な人には良い案件です。主な仕事内容は、がん医療の専門的な調剤となっていて、国立がん研究センターらしい専門性を極められる業務内容だと言えます。また、がん医療の調剤のみならず、混注業務や服薬指導などの業務も任されます。柏キャンパスでも常勤薬剤師の求人があり、業務内容は築地キャンパスと同様ですが、がん医療における調剤、混注業務、服薬指導等の経験が相当ある人が望ましいとされています。

最後に、薬剤師レジデントについてですが、平成17年3月以降に大学(薬学課程)を卒業した薬剤師免許取得者、あるいは、平成27年3月卒業見込みで薬剤師免許取得見込み者という条件があります。しかし、条件をクリアしている人にとっては、日本最高のがん医療教育施設で専門的な知識と経験を身につけることができます。


Copyright (C) 2014-2017 独立行政法人の薬剤師募集サイト【※レア求人を見つける方法】 All Rights Reserved.